MENU

マンションを売るには税金がたくさんかかる

 

マンション売却の際には税金がかかります。
たとえば、土地や建物などといった不動産を売却または譲渡した場合、売却益に対して譲渡税がかかるという仕組みになります。

 

ただし居住用財産、言い換えると自宅を売ったときについては、特例の制度を適用して税金を安くすることが可能となります。場合によっては、税金がゼロになることもあり得ます。こうした制度が適用されるかどうかをしっかりと見極めるようにします。

 

仲介手数料にも消費税8%が

 

 仲介手数料については、マンションを売却する際には基本的に消費税がかかります。

 

それからマンション物件を売る際には、建物のみについては課税対象です。

 

 ただ、売主が不動産会社の場合で買主が個人に該当するときには、
売主となる不動産会社からのみ仲介手数料をもらうことになっています。

 

そして、買主である個人の仲介手数料については無料となります。

 

反対に、売主が個人であり買主が業者に該当する場合においては、売主にかかる仲介手数料が無料になるケースもあります。

 

 ほかにも2社で共同仲介するという場合においては、売主または買主のいずれかが他の業者と媒介契約を結んでいることになるため、そちらについての仲介手数料は入らないということになります。しかしこの場合仲介手数料を無料にすると収入がなくなってしまうことになります。

 

このケースに該当する場合には仲介手数料を半額にして安く請求されるというケースもあります。

 

不動産会社によって解釈が違う面があるため、話をしっかりと聞いて確認をするようにしたほうが良いでしょう。

 

>>初めて!マンション売却前に読むサイト!へ戻る

関連ページ

マンションは売る前にリフォームしたほうがいいのか?
マンションは売る前にリフォームしたほうがいいのか?解説します!
ローン残債があるマンション売却も可能です
ローン残債があるマンション売却は可能です!詳細を解説します!