MENU

リフォームは不要?! 必要?!

 

マンションを売る前に、リフォームしたほうがよいのでしょうか。
痛んだ床や汚れた壁をみると、「これで売れるのだろうか」「汚いと言われて値切られるのではないだろうか」
と心配になります。

 

せめて真っ白な壁と新しい床に張り替えて、キレイにして売りたいと思うかたもいるかもしれません。しかし、
壁紙や床を張り替えるリフォームは面積や張り替える材質にもよりますが、数十万円以上かかります。

 

物件の値段は駅徒歩や部屋の向きによってだいたい決まってしまいますから、
リフォーム済み物件だからといってリフォーム費用以上に売れるとは限りません。

 

また、最近では中古物件を自分の好みに改装するリノベーションが若い人を中心に
流行していて、買うときに壁や床が汚れていてもかまわない人々も増えています。

 

 

中古で家の購入費用を節約して、内装にお金をかけようという人たちです。
この人たちは最低価格帯の壁紙や床材は気に入りませんので、
そのようなキレイにするだけのリフォームは購入動機になりません。

 

ファミリー層には響くかも?!

 

ファミリーや共働き世帯など、忙しい人にとってはリフォーム済みはありがたいかもしれません。
家に入るまでの期間を短くできるからです。

 

また、「家を買うならやっぱりキレイなほうがいい」という人も少なからずいますので、
インテリアコーディネイトされたおしゃれな壁や床、汎用性のある間取りに変更するなど攻めの姿勢を忘れない
リフォームは買い手が増えて値段に影響してくるのではないでしょうか。

 

 

>>初めて!マンション売却前に読むサイト!へ戻る

関連ページ

マンション売却の際に仲介手数料を安くするための方法について
マンション売却の際に仲介手数料を安くするための方法について徹底解説します!
ローン残債があるマンション売却も可能です
ローン残債があるマンション売却は可能です!詳細を解説します!